退院しました

持病の悪化で5月15日に入院、翌16日に3時間に及ぶ開腹手術を受けた私ですが、先日無事退院致しました!\(^o^)/全身麻酔から覚めた時、痛み止めの点滴が全く効かず、手術直後は激しい傷の痛みに泣き叫ぶほどでした。手術後1日目から早期離床に向けてリハビリ(歩行訓練、自力排泄訓練)を始めましたが、あまりの痛みに最初はどうなることかと思いました。しかし、主治医の先生や看護師の方々の手厚いケア、家族の献身的な支えのお陰で、順調に回復。手術後2日目には両手で傷を庇いながらもベッドから起き上がって、ゆっくりと歩行出来、座位の姿勢を取って自力でトイレに行くことも出来るようになりました。手術後3日目の19日には、「宇治のお茶まる」代表の芙実さんと、メンバーのアリアさんがお見舞いに来てくれました。病気になって入院生活が続くと、ただでさえ気が弱くなりますので、お見舞いは本当に嬉しく、有難かったです。退院後は、外来にて継続受診をしながら自宅で療養です。傷はまだまだ痛みますが、処方された痛み止めを上手く使いながら痛みをコントロールして行きたいと思います。しばらくの間は入浴禁止でシャワーのみ、重いものを持ったり、自転車やバイクの運転、長時間の外出や旅行は禁止・・・と、色々日常生活に制限が掛かりますが、手術前の体調に早く戻るためにきちんと指示は守りたいと思います。入院生活で体力が落ち、疲れやすいので無理は絶対しないように心掛けます。応援して下さった方々や、見守り、お祈り下さった方々には感謝の気持ちで一杯です。本当に有難うございました。今後ともどうぞ、宜しくお願い申し上げます。

 

The following two tabs change content below.

めぐみん

「宇治のお茶まる」の広報。ホームページの作成、管理、メンテナンスを担当。

最新記事 by めぐみん (全て見る)