東日本大震災と、祖母の命日

3月11日。この日は、私にとって一生忘れられない日です。理由は2つ。1つ目は、東日本大震災から今年で7年経つということ。犠牲になられた方々、そして今もなお生活の立て直しができずにいる方々のために祈ります。1日でも早く、全ての被災者の方々にあたたかい支援が行き届きますように。そして、2つ目は最愛の祖母が亡くなった命日だからです。震災のあった翌年の2012年3月11日に、祖母は終末医療専門の病院でひっそりと亡くなりました。危篤との知らせを受けたのが真夜中だったこともあり、私たちは祖母の臨終に間に合いませんでした。最愛の祖母との別れ、そしてこんな寂しい場所で亡くなっていった祖母が不憫で、私は霊安室で号泣してしまいました。奇しくも、3月11日は祖父母の結婚記念日でもありました。2001年に亡くなった祖父が迎えに来たのかも知れません。あれから6年。沢山してあげたいことがあったのに、あまりできないまま祖母は逝ってしまいました。未だにそのことが悔やまれます。どうか、天国で安らかに過ごしてくれていますように。

The following two tabs change content below.

めぐみん

「宇治のお茶まる」の広報。ホームページの作成、管理、メンテナンスを担当。