「うじ・はんどめいどショップ」でお茶まる餅を販売しました

10日は、宇治橋通り商店街にある「うじ・はんどめいどショップ」の店先をお借りして、お茶まる餅販売のためのお店を開きました。朝はちょっと秋を感じる爽やかさだったのですが、お昼はやっぱり耐えられない暑さでした(@_@;)お店の準備をするのも暑さで頭はパニック・・・何をどうして良いか分からず、おまけにこの日はいつも手伝ってくれる穂高さんも用事で来られず、10時から準備を始めてお店の人と喋りながら、お店がようやく開けるようになったのが12時近くでした。観光客は少なく、おまけに東側の日陰ばかり歩いているし、この暑さで声を掛ける元気も無く・・・というような状態(~_~)お餅は15個ほどしか持って行ってなかったのですが、11個売れ1つは差し上げて、2つは自分たちで食べて、大喜びで「もう売れたから、帰ろっ(^_^)v」と言って、早々と14時半頃に引き上げました。しかし、後でよく考えたら平等院から帰って来る人が通り始める頃には引き上げてしまっていた・・・。「売る物はお茶まる餅だけではなかった・・・(+_+)お茶まるのマスコットが本来、売るべき商品だった・・・(+o+)」と気が付いたものの、もう後の祭り(~_~)おまけに帰った後、お茶まる餅を食べた人が「美味しかったから・・・」と、また買いに来て下さったみたいなのですが、自分たちが食べちゃって・・・(-_-;)何とも早、つくづくお商売には向かない自分だと反省しました(~_~)

気持ちを入れ替えて、秋に向けてちょっと優しいイメージのペアのお茶まるを作ってみました(^_^)

DSC_3589

The following two tabs change content below.
芙実

芙実

「宇治のお茶まる」の代表。愛情込めて丁寧に手作りしています。