鎌倉「報國(国)寺」

2016年9月5日

92歳で亡くなった伯母の葬儀の後、従姉が鎌倉に連れて行ってくれました。葬儀の後に観光なんて、不謹慎極まりないと思ったのですが、「いとこ同士が仲良くしていることを、きっと伯母は喜んでくれるだろう」と勝手に理由を付けて、ついて行くことにしました。鎌倉は鶴岡八幡宮で有名ですが、他にも名刹が沢山あります。その中で、竹の庭で有名な「報國寺」を訪ねました。竹の庭と言うより竹林と言った方が良いと思うほど沢山の竹なのですが、「休耕庵」というお茶席でお抹茶とお菓子をいただきました。もちろん竹林はよく見ているのですが、ゆっくりと心静かに竹を見ることは初めてです。太い竹が筍の皮の袴をはいて地に根を張り、青空にすくっと立ち上がっている姿は感動的でした。しばらく涼やかな竹林の中で心を癒し、外に出ると灼熱地獄。じりじりと焼けつくような日射しです(@_@;)全国各地では、台風の被害も未だ治まっていません(-_-)帰りの新幹線から富士山が見えました(^_^)v私たちは、大きな自然の微妙な調和の中で生きているのだ、ということを改めて感じました。また、鎌倉では新しい友人との出会いもありました。これも伯母からのプレゼントかな・・・と伯母に感謝です(^_^)

DSC_3622

DSC_3632

DSC_3639

DSC_3672

The following two tabs change content below.
芙実

芙実

「宇治のお茶まる」の代表。愛情込めて丁寧に手作りしています。