腰痛と格闘中です(^_^;)

今年3月末に、腰を痛めてしまいました。4ヶ月経った今でも、未だ痛みます。この間、色んな整形外科のお世話になりましたが、改善には至らず。腰痛体操(ストレッチ?)、湿布、コルセット、鎮痛剤の服用等々、様々な方法を試しましたが、腰痛体操は痛くて少ししか出来ず、湿布はかぶれますし、コルセットは暑くて苦しい、痛み止めは処方された分が切れれば、また痛み出す・・・と、非常に性質の悪い腰痛を患ってしまいました。原因はおそらく、長時間パソコンに向かっていることにあると思います。メンテナンスや不具合はホームページには付き物ですので、そのトラブルシューティングにも追われることになります。勿論、ホームページ以外でも比較的パソコンの使用頻度が高い私。「なるべくしてなった」のかも知れません。作業中は集中していますので、知らず知らずのうちに腰に負担が掛かっていたのでしょう。「腰は体の要」とはよく言ったもので、腰を痛めると本当に何も出来なくなります。毎日の入浴、洗顔、歯磨き、着替え・・・。今まで難なく素早くこなせていたことに、ものすごく時間を取られるようになりました。忙しい朝などは致命的です。就寝時も寝返りを打つことが出来ず、朝起き上がる時に腰に激痛が走ります。腰の痛みで目が覚めることも・・・(~_~;)おまけに、おのずと腰をかばうので股関節や両脚に電気が走るような痛みが。友人たちやSNSの友達からは「神経ブロック注射」を検討してみてはどうか、というアドバイスを沢山いただきました。まあ、「神経ブロック注射」も対症療法の一つなのですが、如何せん私は、自他共に認める正真正銘の「痛がりで怖がり」(これ、本当です)。「注射」と聞いただけで逃げ出すほどです(一体、何歳だ ^^;)。注射が怖くて今まで逃げてきましたが、時間の経過と共にどんどん痛くなってきて耐えられなくなったため、ついに!覚悟を決めて(大仰?)昨日整形外科へ行き、「神経ブロック注射」を打ってもらいました。医師曰く「初めてだから、最初は弱めの薬剤を注射します。通常の神経ブロック注射は、注射後1時間安静にしてから帰宅してもらいますが、これはすぐに帰宅出来ますし、入浴もOKです」と。しかし、注射は注射。この年になって恥ずかしいですが、正直言って怖かったです。ビクビクしながら診察用のベッドにうつ伏せになり、腰の一番痛い部分に3ヶ所打ってもらいました。友人たちやSNSの友達が「最初は怖いだろうけど、思ったよりも痛くないよ」と言っていた通り、感じたのは最初の「チクッ」位であまり痛みを感じることなく、無事終了。少し痛みが楽になったような気がします。今更結果論でしかありませんが、「これならもっと早く、アドバイスを下さった人たちの言うことを聞いて注射してもらえば良かった・・・」と思いました。4ヶ月も痛みに耐えつつ生活しなくても済んだかも知れませんね!でも、生まれて初めて「神経ブロック注射をします」って言われたら、怖くないですか?私だけでしょうか?(笑)注射の後、「念のために」ということで、鎮痛剤と胃薬が1週間分処方されました。しばらく様子見です。いや~、それにしても昨年11月から今年にかけて、何かと病気ばかり(腸閉塞、子宮筋腫、腰痛)。私の今年の新年の抱負は「無病息災」だったのですが、その抱負はどこへやら・・・。体調管理の難しさを痛いほど思い知った私なのでした・・・(^_^;)早く治ってくれますように・・・(祈)。

The following two tabs change content below.

めぐみん

「宇治のお茶まる」の広報。ホームページの作成、管理、メンテナンスを担当。

最新記事 by めぐみん (全て見る)