ホームページにOGP設定をしました

またまた最後の投稿から何と、10日も過ぎてしまいました。もう、この文言を書くのは何度目でしょう?(^_^;)カタツムリペースの更新で、本当に申し訳ありませんm(_ _)m早くも7月も下旬に差し掛かり、本格的な夏の到来ですね。冬生まれの私には厳しい季節ですが、皆様はお元気でお過ごしでしょうか?さて、今日のブログはこのホームページにOGP設定をした、という内容です。OGPとは、”Open Graph Protocol (オープングラフプロトコル)” の頭文字を取ったもので、サイトの情報を訪問者がリンクシェアした際に、予め設定しておいた写真と説明文が表示される、というものです。写真と説明文があれば、リンク先のページの内容がより分かりやすくなり、SNSの利用者の目に留まる確率が高くなります。設定した写真が魅力的だったり、説明文が分かりやすければ、SNSからのサイト訪問者数が増えることにも繋がります。このホームページを開設して今年で2年になりますが、ただ単にSNSへのシェアボタンを設置しただけではダメなんですよね。正直、申し上げますとOGPのことをよく知らなかったのと、面倒なので今まで放置していた、というのが今になって導入した理由です(どなたか、それでも管理者かっ!と私を叱ってやって下さい)。OGPの設定方法には、私の知る限りですと2つあり、

①header.phpに直書きする

②プラグイン(拡張機能)を使う

というものなのですが、先程申し上げたように私自身の勉強不足もあって、当然調べながらの設定になりました。インターネットから得られる情報には、ジャンクなものがかなりあり「一体、どの情報が正確なのか?」の取捨選択にかなり苦しみました。如何せん、膨大な情報が24時間365日流入しているインターネットの世界。検索してヒットしても、その情報が陳腐化していることはよくあります。特に、SNSの中でも仕様が頻繁に変わることで有名なFacebook。このFacebookのOGP設定には本当に泣かされました(T_T)①にしても②にしても、ものすごく沢山の情報がありました。個人的にあまりPHPファイルを弄りたくない私は、最初は②の方法を選びました。しかし、この類のプラグインも星の数ほどあるのです。プラグイン導入は楽なのですが、入れすぎるとサイトの表示が遅くなるのと、他のプラグインと競合して上手く動作しないというデメリットがあります。何年もアップデートされていないものもありましたし。色んなプラグインを試しましたが、どれもイマイチで、上手く行きませんでした(私の設定の仕方が悪かったのかも知れませんが)。そこで、今度はやむを得ず①の方法で再挑戦!これも、色んなやり方があって、全ての方法を試すというのは到底無理な話です。私は膨大な情報量に頭を抱えることになりました。18日から、あの手この手で試すこと一週間、PHPコードを書きまくりましたが、Facebookのデバッガ(OGP設定が正しいかどうかを確認するツール)は「警告」ばかりを吐きやがります(汗)。これまでこのホームページのトラブル解決やメンテナンスに7日もかかることはありませんでした。今回の設定は本当に手強かったです。OGPの設定は、「とても簡単に出来る」とネットの情報にありましたが、「これのどこが簡単だ~!!(怒)」というのが、今の私の心境です。いや、実際には簡単なのでしょうが、私がこんなに手こずったのは単なる勉強不足なだけでしょう、きっと。でも、誰が何と言おうが、私にはとても難しかったです(^_^;)悪戦苦闘の末、ようやくデバッガが「エラー」も「警告」も吐かなくなったので、やっとOGPは正しく設定できたのでしょう(多分)。

ちなみに、参考にさせていただいたサイトはものすごく沢山あるのですが、このサイトに書かれている通りにコードを書いたら(ほぼコピペ)、デバッガが「警告」を吐かなくなりました。感謝です(^^)いや~、自分の勉強不足を、またまた痛感することになりました。知らないことだらけでしたが、また一つ、知識が増えました(*^^)v

The following two tabs change content below.

めぐみん

「宇治のお茶まる」の広報。ホームページの作成、管理、メンテナンスを担当。

最新記事 by めぐみん (全て見る)