自治会福祉部の副部長になって(^◇^)

4月から福祉部の副部長になりました。5棟建ての自宅マンションも今年で37年を迎え、3回目の役が回って来ました。最初は総務、2回目は棟理事をしました。夫が管理組合の役をしていることもあり、一番楽そうな役を希望しました。全員がその役を希望したので、2番目に楽かな?と思い福祉を希望しましたが、とんだ間違いでした(~_~;)昔は子供の数が多かったのですが、今は子供よりシニア世代が多くなっています。福祉の出番です(@_@;)部長は、10年前にしたからと引き受けてくださる方があり、すんなりと決まりました。副部長は誰も引き受ける人が無く、じゃんけんで決めようという事になりました。私はじゃんけんで勝ったことが無いのです(-_-;)負けて引き受けるより、引き受けてもらえた、と少し感謝された方が良いのでは・・・と思ったので、立候補して引き受けました。ところが、部長さんはパソコンを持っておられません。資料は全て私が作ることになりました(~_~;)USBメモリーと分厚いファイルをもらいました。そして気が付きました。マンションの福祉の仕事に加え学区の福祉の仕事もしなくてはならないなんて、と・・・。引き受ける時は全然知りませんでした(>_<)マンションの福祉か学区の福祉かの区別も付きませんでした。両方の会議に出席、65歳以上で一人暮らしの方の訪問、赤十字等の募金関係。募金の配布用紙は約380枚。棟ごと、階ごとに数を数えなくてはなりません。私は部長さんより少し若いので、私が3棟分、部長さんが2棟分担当。募金関係が4月から2回あり、まだあと2回あります。金額の集計等、結構大変です。そこに、お茶まるの活動で、新規出店希望者の入居者を決めるプロジェクトの話が舞い込んで来ました。これはお茶まるのお店を出す絶好の機会、と審査に必要な事業計画書の作成。全く畑違いの書類に、お茶まるのメンバーは???状態。幸いにも事業計画書の書き方を教えて下さる方がいて、それに基づいて漸く提出することが出来ました。結果は落選でしたが、良い勉強になり、次に繋ぐことが出来ると思います。4月に京都新聞にお茶まるの記事が出て、5月に出店プロジェクトの応募、6月にFMうじにゲスト出演。そんなこんなで忙しくて、夢ではブログをいっぱい書いているのですが、パソコンは福祉関係で使うので精一杯でした。USBメモリーも言葉は知っていましたが、実際使ったことが無かったので、使い方が解らない。(@_@;)娘がパソコンが得意なので、差し込み方から抜き方まで教えてもらいました。USBポートも、ノートパソコンとデスクトップでは違い、又デスクトップでも左にあったり、右にあったりします。今では病院に行くと、この病院のパソコンのUSBポートは右だ、ここは左だと観察しています。見ていても理解していないことが多いと、この年になってつくづく思います。福祉の資料作りも娘頼りで、資料作りの時、娘は自分の部屋と私の部屋を行ったり来たりで、時には自分の部屋に居るより、私の部屋に居る時間が長い時もあります<m(__)m>私の部屋にはお茶まる関係、マンションの福祉関係、学区の福祉関係と段ボール箱3個があり、狭い部屋が更に狭くなっています。出掛けなければならないことも多く、疲れます。でも、犬も歩けば棒に当たるではないですが、収穫が必ずあります。我が子が幼稚園の頃から現在までの31年来の友達、2回のマンションの役を通して知り合った方、今の役の方、お茶まる関係で知り合った方・・・全ての方が優しく思いやりのある方ばかりで、勇気をもらって何とか頑張れている事をとても嬉しく思っています。

The following two tabs change content below.

穂高

「宇治のお茶まる」の副代表で、会計担当。チャレンジショップでは店番も担当。