アマリリス、今年も咲きました(*^^)v

昨年の9月から自宅マンションの外壁塗装工事で、ベランダに置いてあった観葉植物、花を芝生の一角に移動させるよう指示されました。バケツに水を入れて、芝生の一角に保管してある自分の観葉植物まで運び、世話をしなくてはなりませんでした。ベランダだと毎日水をやり、枯れた葉を取り除けるのですが、さすがにこの状況で毎日の世話は無理でした。パセリ、バジル、ベゴニア、金のなる木、折り鶴蘭、ヘデラ、紫御殿等がだんだん弱って枯れていきました。パセリ、バジルは全滅で、他はかなり弱って返って来ました。ベゴニアはプランターから溢れんばかり咲いていたのに、小さな葉を付けた一株だけ生き残っていました。金のなる木は葉が全部落ちていました。葉をいっぱい付けていた時も金は成らなかったのに、今度は全滅。トホホ・・・(@_@;)折り鶴蘭もベランダから芝生に移す時あまりにも多かったので、少しだけに整理しました。だんだん小さくなって、一株だけ残っていました。ベゴニアは小さかった葉がどんどん大きく育ってくれました。しかし、芝生から返って来た葉は前の葉とちょっと違っていました。今は物凄く元気で葉をいっぱい付けていますが・・・・・ (~_~;)ヘデラも元気に育っています。アマリリスは二株の花芽に綺麗な花を咲かせていましたが、返って来た時は葉が一枚だけで、それも三か所も傷が付いて、その上葉の先端が黄色く枯れていました。長い葉なので折れないように支柱を立てました。もうダメかなと思いながらも、亡くなった母がくれた花だし、何とか元気になってくれないかと祈るような気持ちでした。そんな時、小さな葉が出てきました。その葉を守るように一枚だけ残った少し弱って傷付いた葉が、かばうように立っています。私は母の姿を思いました。いつも、私の側にさりげなく立ちかばい、見守ってくれていた、母の姿のように感じました。ゼラニウムも元気で、植え替えが必要になってきました。紫御殿が今日一輪、花が咲きました。芙実さんのお友達のさとけんさんがこの花の名前を教えてくれました。さとけんさんは、皮革を使った立派な工芸品を作っておられる方で、一度芙実さんと一緒にお会い出来たら嬉しいな、と思っています。新しく購入したミント、パセリ、バジルも大きく元気に育っていますヽ(^o^)丿毎日ベランダに出て元気をもらっています。

IMGP3080

IMGP3081

IMGP3082

The following two tabs change content below.

穂高

「宇治のお茶まる」の副代表で、会計担当。チャレンジショップでは店番も担当。