FTPソフトのトラブル

2016年2月14日

ホームページを作成したことのある方ならご存知かと思いますが、ファイルや画像などのデータをサーバーにアップロードする時には「FTPソフト」というものを使います。FTPソフトには色々種類がありますが、無料で使えるものも沢山あります。かくいう私も、無料のFTPソフトを使っています。今までトラブルなど一度もなかったのですが、今日、ファイルをサーバーにアップロードするためFTPソフトを呼び出しました。すると、「サーバーに接続できません」というエラーメッセージが出るではありませんか!ホスト名、ユーザー名、パスワードも変更した覚えはありません。先日までは全く問題なく接続できていたので、ものすごく焦りました(汗)。でも、こういう時こそ冷静沈着に、原因究明に当たらなければなりません。・・・とは言うものの、サーバーにデータをアップロードできないというのは、致命的な問題です。一刻も早く、解決せねばなりません。しかし、私の頭の中は焦りと不安でパニック状態(~_~;)何度調べても、間違っている場所など見当たりません。「おっかしいなぁ。変だなぁ・・・」とぶつぶつ言いながら、原因を調べること約30分。分かりましたよ!原因が!結論から言うと、FTPソフトのバージョンアップか何かの関係で、暗号化の設定が変わっていたことが原因でした。ちなみに、私が使っているFTPソフトは「FileZilla」というフリーソフトなのですが、暗号化の設定が「使用可能なら明示的なFTP over TLSを使用」となっていたため、サーバーへの接続エラーが発生していたのでした★ここを「Only use plain FTP(insecure)」に変更したら、即解決!目を皿のようにして問題点を探していたはずでしたが・・・。やはりまだまだ私も未熟者、見落としていたのでしょうね。基本、ソフトウェアのバージョンアップというものは、以前設定した条件をそのまま引き継ぐものと私は」思っていたので、まさか設定が変わっていたなんて考えもしませんでした・・・。いやぁ、思い込みって怖いものですね(*_*)こういう風に、予期せぬトラブルが急に発生してその対処に追われるのも、ホームページ管理者の宿命なのでしょうか・・・(@_@;)よく、「ホームページ作りは大変ですね」と言われるのですが、作るよりも作ってからの管理やメンテナンスの方がよっぽど大変なのです。作ってそれで終わりだったら、どれだけ楽なことでしょうか。実際、管理やメンテナンスというものは目に見えない作業なので、ホームページのことをあまりご存知ない方から見ると、「大した手間なんて掛かってないやん!」と思われるかも知れません。でも実は、管理やメンテナンスはとても大変で、重要な作業なのです。特にホームページのトラブルは、複合的要因が重なって発生していることが大半なので、トラブルシューティングにも時間と労力が掛かります。まさに、「トライ&エラー」の繰り返しです。しかし、自力でトラブルを解決できた時は、「ああ、良い勉強になったなぁ」と思います。これからも、失敗から学ぶ姿勢を忘れずに日々精進していきたいと考えています(^▽^)

The following two tabs change content below.

めぐみん

「宇治のお茶まる」の広報。ホームページの作成、管理、メンテナンスを担当。