腸閉塞、回復の兆しが見えてきました(^^♪

先月25日に腸閉塞との診断を受けて、間もなく1ヶ月。この数週間は本当に大変で、家族や友人には沢山迷惑を掛けてしまいましたが、心温まる支え・アドバイスに随分助けられました。お陰様で、ゆっくり、少量ずつなら随分色んなものが食べられるようになりました(^^)ただ、肉料理(特にトンカツやステーキ、唐揚げ、焼き鳥など塊のお肉を使った料理)とご飯(お米)だけは消化が悪く、まだどうしても食べることができません。お肉とお米はスタミナの源ですが、特にご飯が食べられないのは致命的。今は、ご飯よりも消化の良いパンや麺類をメインに食べていますが、やはりスタミナがあまり付かないので、ちょっとしたことでもへばってしまいます。でも、消化器は回復し出すと早いと言いますから、いずれ何事もなく食べられる日が来る日も近いんじゃないかと思っています。それまでは、無理せずにいようと思っています。全く何も食べられなかった時期と比べても、劇的に回復していますので、この調子で行けば年明けには完全復活できるんじゃないかと考えています(*^^)vそれにしても、本当に腸閉塞って怖いし、厄介な病気ですよね(>_<)放っておいても自然治癒しないので、早急に病院で治療を受ける必要があります。もう2度と、経験したくありません★療養生活がとにかく辛い!腸閉塞になったら、「飲むな」「食うな」が大原則なので、絶飲食で腸の回復を待つことになります。食べることが大好きな私には、これが一番辛かったです(^_^;)それから、食べられるようになるまでの期間が長い!個人差があるのでしょうが、私は固形物が摂取できるようになるまで3週間を要しました。それまでは飲んで栄養補給できるドリンク剤や、飲むタイプのゼリー剤など、流動食の力を借りながら、何とか生活していたという感じです。本当に、口から食べられることって素晴らしいことだと思います。改めて、健康の有難味を思い知ったのでした・・・。年末年始。皆様も食べ過ぎ・飲み過ぎにはどうぞ注意して、消化器を大切になさって下さい(^▽^)

The following two tabs change content below.

めぐみん

「宇治のお茶まる」の広報。ホームページの作成、管理、メンテナンスを担当。