頭の休養に沖縄に行ってきました(^^)

沖縄に初めて行ったのは、もう15、6年前の冬です。「沖縄の冬の海は、夏より澄んでいて底の石や貝も見える」と聞いて楽しみに行ったのですが、日頃の行いが悪かったためか2泊3日の間、雨と曇り・・・(-_-)海の色はどんよりした茶色で、ガッカリして帰って来てそれ以後訪れる機会はありませんでした。だけど、やはり沖縄の海が見たいという気持ちが通じたのか、この夏突然、沖縄旅行の機会ができました。スマホに悪戦苦闘して、疲れた頭の休養にちょうど良いと行くことにしました。台風の動きがちょっと気になっていたのですが、着いた時から透き通るような青い空でした。しかし暑かった(@_@;)3日間焼けつくような暑さ、UVカットの上着を通り抜けるような強烈な日差しでした。結構暑さの厳しい京都に住んでいても、こんな日差しは経験したことがありません。でも、海を見るのには最高の条件のようでした。美ら海(ちゅらうみ)終日観光で古宇利島を訪れましたが、そこで見た海の色は忘れられません。7色の海の色が見られるということでしたが、本当に青でもこんなに様々な色の違いがあるのか、というような青色の縞模様の海が広がっていました。抜けるような真っ青な空、雲はまるで、輪郭があるのではないかと思うくらい立体感のある入道雲。美ら海水族館を訪れ、そこから見た海もキラキラと輝いていました。その後、ちょっと海の上に雨が降ったのか、海の色は茶色に変わっていました。少しのお天気の変化でこんなにも自然って変わるものかと、朝に見た海の色を思い出しながら帰りました。私は飛行機に乗ると、次々変化する雲の景色を見るのが好きなのですが、帰りの飛行機の窓からも流れる雲を見ていてふと気が付けば、雲間から見えたのはサンゴ礁(^^)台風15号が沖縄に近づいています。どうか大きな被害が出ないように、と願わずにはいられません。

DSC_0107

DSC_0123

DSC06967

The following two tabs change content below.
芙実

芙実

「宇治のお茶まる」の代表。愛情込めて丁寧に手作りしています。