猛暑の中のお化け大会でした(^_^;)

2016年3月8日

昨日・今日と、宇治では宇治川花火大会に代わるイベントとして「宇治歴史夜噺あをろしきお化け街道」が開催されています。宇治橋通り商店街では、昨日チャレンジショップが開かれ、出店しました。お岩さんのようにメイクアップした人、フランケンシュタインのようにメイクした人など、それぞれ工夫した顔やコスチュームで商店街を歩きながら、片手にはビール。「ビールの試飲会かな・・・?」って勘違いしそうなくらい、あちらこちら自慢の地ビールのお店が立ち並び、観光客の方もほとんどがビールを片手に暑さの中、夜の「百鬼夜行」お化け登場を待つという、鬼も気が抜けそうな夕方の通りでした。かき氷のお店ももちろん人が並んでいます。とにかく暑い(~_~;)たまらなく暑い(~_~;)この暑さの中、聞こえてくるカラオケやバンドの音。皆さん暑い中、元気・元気(^_^)v夕方になって、ようやく昼間のあの茹で上がりそうな暑さもちょっと和らぎ、日が落ちた8時頃、花火大会に代わる初めてのイベントがどんな風に始まるのか、お店を出していてもワクワク・ドキドキなはずなのですが、私はお化け・妖怪の類はまったく駄目(~_~)「八墓村」の映画を見て、腰を抜かした私ですが、それでも何とか百鬼夜行の行進は写真に収めようと待っていました。しかし、お化けや鬼たち、観光客に囲まれて進むことが出来ず、お茶まるのお店の前を行進することはありませんでした。残念なような、ホッとしたような・・・^^;お昼も、お化けや妖怪の顔をまともに見ることが出来ずにお店に引っ込んでいた私。ようやく撮った写真は「傘お化け」。何とも情けなく、まともなご報告が出来ず申し訳ありませんm(_ _)mお茶まるのお店としては、ペアの小さなお茶まるのストラップに歩みを止めて下さる方もあり、作った甲斐がありました(^^)また、家で育てたローズマリーが一本挿し木したら山のように育ち、この機会に「ご自由にお持ち帰りください」と書いておいたら好評で、これも嬉しいことでした(*^^)v

DSC06903

DSC06904

DSC06901

The following two tabs change content below.
芙実

芙実

「宇治のお茶まる」の代表。愛情込めて丁寧に手作りしています。