限界への挑戦(?)(^^♪

何て大袈裟なタイトル(*_*)と思われるでしょうね。何のことはない、どれだけ小さなお茶まるを作ることが出来るか・・・やってみただけなのです。真面目にお茶まるを作らなければいけないのに、ちょっと遊んでいます。というのも、次は何を作ろうかな・・・と考えて作っていたら、段々と小さくなってとうとうここまで小さくなっていました。考えてみると、世の中にはお米に仏像を彫ったり、折り紙で豆粒より小さな鶴を折ったり・・・というような、すごい方がおられますよね。果てはミクロの世界にまで・・・。人間のモノ作りって、より小さなものを作るという挑戦の繰り返しで進歩発展してきたと言っても、過言ではないような気もします。勿論、私のお茶まるはこれが限界ですが・・・(^^)それにしても、一つ一つ同じように作っているつもりなのに、どれも全然表情が違いますね。一番小さなお茶まるは「もう、やめてくれ〜(`´)」ってんでいるようにも見えます(^_^;)

DSC06887

The following two tabs change content below.
芙実

芙実

「宇治のお茶まる」の代表。愛情込めて丁寧に手作りしています。