雪に耐えたパセリ

今年のお正月は雪が降り積りました。子供が小学校の低学年の時以来です。雪が降るなんて思ってもみなかったので、フェンスにパセリの植木鉢を掛けていました。朝起きて吃驚です。(@_@;)慌てて雪を取り除きました。弱々しく小指の半分くらいの丈のパセリがありました。多分もうダメだろう・・・と思いながらも世話をしました。「頑張ってね」と声を掛けながら・・・。しばらくするとピンと伸びました。涙が出る程の感激で、生命力の強さを感じました。茎が木のようになり、小さなクリスマスツリーのようです。植物を育てていると、反対に私が育てられているような気がします。疲れていても元気を与えてくれるし、直ぐにギブアップする私を黙って勇気付けてくれる。パセリを見る度少しは頑張らないとな、と思う私です。

IMGP2727

The following two tabs change content below.

穂高

「宇治のお茶まる」の副代表で、会計担当。チャレンジショップでは店番も担当。