北海道でリフレッシュしてきました(^^)

日本最北端の駅「稚内」まで、電車を利用して訪れるというツアーを見て「かなり強行軍だな・・・」と思いつつ、挑戦しました。京都~東京、新青森まで新幹線、青函トンネルを抜けて函館で一泊して函館山からの夜景を楽しみ、2日目は函館から札幌を経て宗谷本線で稚内まで9時間40分。北向き・西側の席に座った私には、午後からの日差しはかなり過酷でした。カーテンはずっと閉めっぱなしで、北海道の雄大な景色を楽しむどころではありませんでした。じりじりと暑い、暑い(@_@;)北海道でもこんなに暑いのかと思いました(*_*)着いた時はもう夕方。でも、稚内は涼しかったです。札幌とは温度差10℃。宗谷岬に行く時間もなく、次の朝はまたまた早い出発で、電車で旭川に戻って来ました。正に稚内でUターン、行ってホテルに泊っただけ・・・(~_~)旭川からはバスで旭山動物園に行き、その日は旭岳泊まり。雨が少し降ったのですが、ラッキーなことに雪渓を残した旭岳を望むことが出来ました(^_^)v次の日は富良野でお花畑を楽しみ、バスで登別まで戻って一泊。夜は「鬼花火」を鑑賞。そして最終日、また電車で函館に戻り、青函トンネルを経て新幹線で京都まで戻って来ました。電車で旅を楽しむという企画だったので、心配だったのは腰。もしもの時にとコルセットは準備して行ったのですが、東京まで腰はもってくれず・・・。早々とコルセットのお世話になり、その後はずっとコルセットのお陰で電車に耐えたという、何とも情けない話ですが、何とか無事に帰って来ました(^_^;)それにしても、北海道はやっぱり広い!!かなり忙しい旅行でしたが、北海道の壮大な景色は心を豊かにしてくれるのには十分でした(^^♪

雪渓の残る旭岳

DSC06579

車窓の景色

DSC06596

富良野

DSC06610

富良野

DSC06631

函館の夜景

DSC08104 (1)函館夜景1

稚内駅

DSC08214 (1)稚内駅駅標

鬼花火

DSC08488 (1)鬼花火

The following two tabs change content below.
芙実

芙実

「宇治のお茶まる」の代表。愛情込めて丁寧に手作りしています。