お茶まるは何の材料で作っているの?(?_?)

チャレンジショップにお茶まるを出していると、よく「これは何の材料で作っているの?」って聞かれます。表面がふわふわした布のようで、縫い目が無いので不思議がられるのですが、毛糸で作っています。ウール100%の毛糸やアクリル、混毛など様々ですが、お茶のイメージの色のものを探します。最近はほうじ茶やハーブティも仲間入りです。水出し煎茶用の「青いお茶まる」も仲間に入れてもらいました(^_^;)毛糸の質によって違いますが、写真のように出来上がりの2倍~4倍量の毛糸を使います。モコモコの毛糸の塊を丸くカットするのですが、色が気に入って買ったのに丸くならない毛糸もあります。「お茶まる」の形になってくるとワクワクします(^^♪後は目を付けるだけですが、縁起物と言うほどではなくても「お茶まる」の目が「お茶(さ)まらない」ようではやはり困りますので、目は取れないように糸は下から通して縫い付けています。ふわふわして土台の無い所に目を付けるのは、出来上がりを予想することが出来ませんが、上手く可愛いく付くと(^_^)vです。きっちり付けたはずでも、糸がよじれていたりするとちょっと目を引っ張ると目が飛び出して、びっくりすることもあります。最後は仕上げにもう一度毛をカットして、形を整えて出来上がりです(^^)

DSC06237

The following two tabs change content below.
芙実

芙実

「宇治のお茶まる」の代表。愛情込めて丁寧に手作りしています。