宇治茶が「日本遺産」初認定です(^^♪

宇治茶が日本遺産に認定されました。800年の歴史を持つ「宇治茶」。お茶好きの私にとってはこの上ない喜びです。35年前、宇治に来た時はもっと茶畑があったはずなのに、ふと見回せば緑美しい茶畑がだんだん消えてしまっています。「寂しいな」って常々思っていました。最近では急須でお茶を入れることも少なくなり、ペットボトルが大半を占めています。もちろん私もペットボトルのお茶を飲みますが、やはり昔から遠足の時に持って行った水筒のお茶の習慣が忘れられず、今でも出掛ける時はペットボトルに自家製のお茶を入れて持って行くことを欠かしません。特に冬の時期、電車の中で隣の人が咳やくしゃみをした時などは、用意した濃い煎茶をそっと飲みます(^_^;)ちょっと甘いお菓子でもあれば、自分のためにお抹茶を点てて御満悦(*^^)v新茶の季節。ペットボトルも悪くはないけど、この機会に急須で入れたお茶もちょっと見直してもらえたらいいな・・・って思っています(^^)嬉しくなって、でっかいお茶まるを作りました(*^^)v

DSC05993

The following two tabs change content below.
芙実

芙実

「宇治のお茶まる」の代表。愛情込めて丁寧に手作りしています。